社章 (株)丸昇 電話番号 お問合せ
サイトマップ
会社概要 商品説明 試験データ 商品一覧 実用例 お客様の声 お問合せ
トップ画像
《活水器と浄水器の違い》
νG7とは何か?
   νG7はフィールドコンバーターという活水器であり、エネルギー拡散テクノロジーを使って水質を向上及び活性化
   させるために設計された装置であり、安全な水を世界に提供するために生まれた21世紀最新のテクノロジーです。
種   類 特    徴 問  題  点
浄水器 吸着式 濾過式
活性炭に不純物を吸着させるタイプや精密ろ過膜・フィルタで
不純物をろ過するタイプ、逆浸透膜で水分子だけを通過させ
純粋をつくるタイプなどがある。
水の中の不純物を除去することで、汚れや臭いを
取り除くことを目的としている。
通常、除去物質と除去能力が表示されている。
・メンテナンスのためのランニングコストが高い。
・フィルターやカートリッジの交換が頻繁。
・水本来の栄養分やミネラルまで除去してしまう。
・フィルターやカートリッジに不純物が詰まると、雑菌の
繁殖する温床になる。
・超純水は体内のミネラルを奪う(ハングリーウォーター)
また、加圧側の排出水が無駄になる。
活水器

水そのものの性質を変える
アルカリイオン整水器
電気分解でアルカリ水と酸性水を作る機能。
アルカリ水を飲料水として使用。慢性下痢・消化不良・
胃酸過多制酸・胃腸内異常発酵に効果がある。
酸性水はアストリンゼント効果があり、化粧水やお風呂に
入れて使用。殺菌効果があり、まな板や食器の洗浄に使用。
・定期的なメンテナンスが必要。(逆洗浄・電極板交換など)
・電解物質(カルシウム材)の補充。
・電気分解後の水の保管スペースが必要。
・アルカリ水は大量に飲用が必要。
(制酸効果はアルカリ水10?=胃腸薬 1包)
磁気活水器
配管を磁石で挟み込み強い磁力の作用で水分子間の
結合を切り、クラスターを小さくする。それにより界面活性力の
向上や制菌効果・浸透性の増加などの効果がある。
配管内のスケール。水アカ・赤錆を除去する。
・活水効果の持続時間が短いため使用が限定する。
・効果は、磁場の強さと流水速度の積に比例→流速が必要。
・配管が太くなると中心部の磁力は対極磁石の距離の自乗に
 反比例して減少する。
・水道メーター付近に取り付けるとメーターの誤作動が発生。
セラミック充填式活水器
セラミック同士が衝突や摩擦を繰り返しながら電気エネルギー
を発生させ水の物性に変化を生じさせる。
水酸化イオンが増え、弱アルカリ性の活きた水をつくる。
塩素臭を抑えコクとまろやかさが加わった美味しい水ができる。
配管内のスケール。水アカ・赤錆を除去する。
・括水器内に水が流れると、セラミック同士がぶつかり合い、
 珪酸塩アルミナが発生する。
・セラミックは多孔質であるため、雑菌が繁殖しやすい。
 1年に1回の清掃が必要(JWWAの維持管理指針)
νG7フィールドコンバーター
水を装置に通水させるだけなので、基本的にメンテナンス不要。
溶存水素が増加→還元作用があり、活性酸素を中和。
酵素活性の向上→腸内環境を改善。
界面活性力が高くなる→肌への保湿効果、洗剤の軽減。
制菌力→雑菌の繁殖を抑え、ヌメリや悪臭の改善。
・3mmの六角金属孔に通水するため、不純物が混じっている
 水を通すと目詰まりする。
・スケールが付着すると水の改質効果が減少する。
※νG7フィールドコンバーター以外は、大量につくれないので、全ての生活用水を供給するのは困難。

株式会社 丸昇 株式会社 丸昇 お問い合わせは0120-411-328にお電話いただくか、
またはこちらのお問合せメールにご記入ください。